本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その183

ハートランドスタジオ 斎藤様オーダー品



今回、ご紹介させて頂くエフェクターボードのご依頼者様は、公私共々長いお付き合いをさせて頂いております名古屋の老舗ライブハウス"Heartland Studio"の斎藤氏★いつもはライブハウスの運営やイベント企画など多忙な斎藤氏ですが、時々ギタリストとしてステージにも立たれるとの事で、エフェクターボードの制作をご依頼頂きました♪
今回は、プログラム式のMIDIスイッチャーでの一括コントロール可能なシステムとなりました。



斎藤氏は、バンドマンの間では有名な機材マニア(^^♪秘蔵のVintageアンプや近代的なハイゲイン・アンプも多数所有されており、それらの機材に柔軟に対応出来る様に・・・と、Junction Boxの入出力端子にもバリエーションを持たせております。
SwitcherはFree The Tone ARC3を採用し、Loop8をA/B 出力切り替えとして活用する事で2台のアンプを切り替えて使用する事も可能にしております。
またボードに組込まれているBOSS DM2のExp In端子やARC3のスイッチ回路(アンプなどのch.切り替え用として活用可能)、そしてMIDI OUT端子も設置しております。



設置されたエフェクター類に、あのKlon CENTAURも入っております★★★
その他、VAN HALENフリークにとっては必須エフェクター"MXR EVH-Flanger"も。

手前に配置されたt.c.electronic NovaDelayはリアルタイムでTap Tempoを設定し易い様に最前列に。
ケーブル類は全てCAJ+Switchcraft製プラグで一本ずつ長さを計測しながら製作しております。



ボードはPULSEの"PEC"タイプを特注サイズでご用意させて頂きました★エフェクター設置面もFRPパネル仕上げなので、マジックテープ固定+インシュロックでガッチリ固定しております。またDCケーブル類も当店にて製作させて頂きましたので、所謂「パワーサプライの付属品」より格段に電源効率が上がり、本来のサウンドをしっかり引き出せる様にしております。



電源部分についてですが、今回お持ち込み頂いた"VOCU"のパワーサプライを使用しました。こちらは9VDC端子と18VDC端子も搭載したコンパクトで柔軟性の高いパワーサプライです。ただ、NovaDelayやARC3の様に特殊で電源の機器は写真の様にAC Tapを設置して接続しております。それであっても、かなりコンパクトに収められたかと思います。

ここからは、斎藤様のコメントです。

●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
ドクターミュージックさんではいつも機材のメンテナンスで
お世話になっており、エフェクターボードも今回2台目の制作です。
1台目は、ペダルが壊れていたり、単体では不具合のある機材を
switcherでまとめ、自宅で使用することを目的に制作してもらいました。
ライブの際は、バラバラになっているエフェクターを必要なものだけ
その都度、組んでいましたが、ノイズや音の劣化もありましたので
実践を踏まえ、問題点の改善とコンパクトの扱いやすさを
利点として制作してもらいました。
また拡張性も考慮し、MIDIやA/B切り替え、SEND/RETURN等、装備しました。


●完成後のご感想
つい、先日、ようやく実践で使用する機会が来ました。
まずは、とてもクリアでノイズが少ないこと!
セッティングが簡単となり、ペダルの選択もしやすいので
ボード操作のストレスがありません。
余計な不安材料もないので演奏にも集中しやすいし、
何よりも各々の機材の良さが、ストレートに出せることが
演奏していても気持ちよく、最高です。
やはり、自分でボードを組むより、色々な課題を改善しながら
専門家に制作してもらうとマルチエフェクターでは、得られない
コンパクトの醍醐味を得られます。
古い人間なのでやはり、コンパクトに惹かれますね(笑)
このたびは、制作頂き、ありがとうございました!

当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413